スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

下半身太りを解消するには

セルライトの解消には、血液とリンパの流れが良い状態=代謝のいい状態にすることが最も根本的な事で、血液とリンパの流れを妨げている最も大きな要因は、慢性化した筋肉のコリとリンパ節の詰まりです。
これらを解消することによって初めて血液とリンパの流れが良い状態=代謝のいい状態をつくることができます。
機械などで、いかに脂肪やセルライトにアプローチしても、慢性のコリが残り、肝心のリンパの流れが悪いままだと、一時的な効果しか得られないので注意です。

1.食事
体内の毒素を処理する為には多量の水分が必要です。
水を飲むと逆にむくむと思われがちですが、体内で発生する老廃物をしっかり体外に出す為にも水は必要です。
コップ8杯を1日で飲むくらいが水の摂取量の目安です。

フルーツは体内の浄化を促進するとともに、即効性のエネルギーとなります。ビタミン、ミネラル、植物成分、さらに水分の補給にも理想的です。
フルーツにはカリウムも多く、体内の余分な水分がカリウムにより自然に排泄されます。フルーツを「適量」積極的に食べるようにしましょう。

また、タンパク質不足はむくみに直結するだけでなく、セルライトの損傷組織の修復や脂肪の燃焼、その他の代謝にも支障がでてきます。良質のタンパク質を日々の生活で確保する事が大切です。

2.運動
エクササイズやウォーキングなどの有酸素運動は、毎日少しずつでもいいので実行します。
適度な運動により、血行の促進、体内の毒素や脂肪の運び出しがスムーズになり、ストレス解消にもなります。

3.マッサージ
日々の運動にインド式オイルマッサージ等により、身体にたまった脂肪や老廃物を押し流して排出することで、ストレスや慢性疲労の解消にも絶大な効果があります。
インド式マッサージで使用する天然オイルには、脂肪を溶かし出したり、むくみをとって引き締めたる効果が期待できます。


フルーツは体内の浄化を促進するとともに、即効性のエネルギーとなります。ビタミン、ミネラル、植物成分、さらに水分の補給にも理想的




スポンサーサイト
下半身太りの原因 | 【2009-07-24(Fri) 12:28:44】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

セルライトのできる原因

1.運動不足による栄養過多の生活
デスクワークなどで、ほとんど体を動かさないのに、グルメな食生活。そんな毎日の繰り返しが、セルライトが生まれる原因に。
2.体内の代謝・内分泌環境の変化
妊娠や更年期などで女性ホルモンのバランスが大きく変化するときは要注意。また、月経による周期的なホルモンバランスの変化も影響あり。
3.むくみ、冷えなどのある体質
もともとむくみや冷えを持つ人の場合、末梢循環が悪く、脂肪の燃焼にも悪影響を与えるため、セルライトを増大、悪化させやすい可能性が。
4.加齢による老化現象
加齢による代謝の低下が筋力を衰えさせることで、皮膚にたるみをつくり、さらに血管やリンパを圧迫するためにセルライトが生じる。
5.筋肉を使わない生活環境
リンパの流れは、筋肉の動きによって作られるため、筋力が落ちることでリンパの流れが低下。筋肉を使わないとますます悪化する。

下半身痩せを考える方は生活の改善も下半身痩せの大前提になるようです。
出来る事から変えていくことが必要となってくるのだと思います。


下半身太りを解消するには!?



下半身太りの原因 | 【2009-07-07(Tue) 12:45:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

下半身太りの原因

女性の中で、下半身が太いことをコンプレックスに感じている人は多いとのことです。
ダイエットをしても、下半身だけは痩せないとか、部分やせはとても難しいものです。
多くの女性が下半身をスリムにしたいと思っているのはないのでしょうか?

女性が下半身太りになりやすいのは、脂肪を貯蔵するレセプターというものが、体の中で特に下半身に多く配置されているからだとされています。
レセプターとは脂肪の貯蔵・放出をコントロールする受容体の事です。
下半身には脂肪を放出するレセプター1個につき、脂肪を貯蔵するレセプターは6個あると言われているそうです。
そして上半身は全く逆なので、下半身は上半身に比べて6倍も脂肪をため込みやすくなっているということです。
さらに女性の下半身太りの大きな原因となっているのが「セルライト」の存在とされます。

セルライトとは、ヒップやおなかに起こりやすい現象で肌が凸凹したオレンジの皮のようになる原因です。
早い人で20歳過ぎから、遅い人でも30歳を過ぎた頃から主に大腿部のサイドからバックにかけて現れます。一度セルライトができてしまうとエクササイズをしようと、ダイエットしようとなかなか消し去ることはできません。


下半身太りを防ぐためには、セルライトを作らないためのエクササイズが大切になる。


下半身太りの原因 | 【2009-06-19(Fri) 12:45:54】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

足をダイエットして美脚を手にしよう

足ダイエットの大敵は足のむくみです。
脚やせをするのなら、マッサージをよくしてください。太ももやふくらはぎを揉みほぐすことが重要です。
もしあなたの仕事が長時間座るような事務職であるなら、専業主婦で座っていることが多いのであるのなら、一日1時間以上のウォーキングが有効です。
マッサージは散歩によって足のむくみの解消を図り、足ダイエットに効果があります。

足ダイエットには、一日1時間以上のウォーキングが有効


足ダイエット | 【2008-06-06(Fri) 05:08:00】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

足痩せのために

足ダイエットのためにには、生活習慣を見直すことが重要と述べました。
ここでの生活習慣とは、食事・運動・睡眠の3点をいいます。項目毎に説明していきましょう。

1.食事
基本的に薄味にすること。濃い味付けは、体内に塩分を過剰に配給することになり、むくみの原因になります。できるだけ薄味にしたほうが、余分な水分が体内に留まらず、水分代謝がよくなります。
たんぱく質やビタミン・ミネラル分を意識して取るようにしましょう。脂質はできるだけ抑えてください。

2.運動
負荷をつけない筋肉を動かすことを続けるような運動、ストレッチが適していると思います。
デューク更家のダイエットウォーキングのエクササイズがお勧めですね。これには、脚だけでなく、ウェスト、わき腹など部分の引き締めによいエクササイズがたくさん紹介されています。

3.睡眠
睡眠時間を多く取ることでダイエットに効果があります。直接的なダイエット要因と間接的なダイエット要因があります。
睡眠による直接的なダイエット要因は、寝不足になると体の様々な機能を調節しているホルモンバランスが壊れてしまうことのようです。その理由の一つに、睡眠が足りないとブドウ糖(炭水化物)をエネルギーに利用する機能が低下し、そのために血糖値が上がり、脂肪を蓄積する環境になってしまうとのことです。
睡眠による間接的なダイエット要因は、寝不足になるということは、夜更かしをしなくてはいけない状況ということで、どうしても夜食を食べたり、食生活が乱れてしまいます。夜食を食べると、消化する前に寝てしまうことが考えられ、カロリーを体内に蓄積してしまいます。

足ダイエット | 【2008-02-06(Wed) 07:02:41】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 足ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。